注文住宅 大阪

注文住宅大阪ガイド|大阪の注文住宅はこれでばっちり!

注文住宅の魅力とは

一生に一度のマイホームの購入は、失敗しないためにも慎重に決めていきたいですね。マイホームを購入する方法として、注文住宅による方法と建売住宅(分譲住宅)による方法があります。

 

建売住宅とは、すでに間取りや設備が決定されている住宅のことで、土地と建物をセットで購入する場合を指します。建売住宅の魅力は、すでに完成しているので、住宅展示場に足を運び直接建物を見ることができます。実物に触れることによって、視覚的にイメージしやすいのが特徴です。

 

注文住宅とは、建築主(家主)の希望やライフスタイルに合わせて間取りを作成し、設備を順次決定していくことができる住宅のことを指します。そして、施工会社と請負契約を交わしてから、建築することになります。注文住宅の場合、一から間取りを決め設計することができるのが最大の魅力です。建築主が大事にしたい部分にはお金をかけることも可能ですし、また、そうでない部分はコストダウンもできるので、住みやすい家を設計することができます。注文住宅は自分の希望やライフスタイルに沿った家を設計することができますが、デメリットもあります。それは、建売住宅のように住宅展示場で実物を見たりすることはできないので、図面などでイメージしながら理解しなければなりません。また、打ち合わせに時間がかかると思いますので、建売住宅と比べると完成までの時間もかかると思います。

 

しかし、一生に一度の買い物で、しかも、そこにずっと住むということを考えると、やはり居心地の良い住宅にしたいですね。時間はかかりますが、希望やライフスタイルに合わせた住宅にしたいと考えているのであれば、一度、注文住宅を考えてみてはいかがでしょうか。

注文住宅を建てたい!まずは依頼先を見てみよう

注文住宅ができるまでの流れの中で、大事なことは依頼先を決めることです。依頼先には、主に、工務店・設計事務所・ハウスメーカーの3つです。これら依頼先にはそれぞれ特徴があるので、それを把握することによって、自分に合った依頼先を決めることが重要です。

 

1つ目の工務店は、複数の工事業者をマネジメント・管理し、総合的な工事を請け負う業者のことを指します。工務店では、設計と施工の両方を依頼する場合が多いです。工務店の特徴は、地域密着型が多いため、親近感があります。そのため、融通が利きやすく、自分の希望に沿った住宅を設計することができます。また、地元での信頼があるので、精一杯応えてくれると思います。

 

2つ目の設計事務所は、主として、設計のみを担当し、工事は工務店が行います。設計事務所の特徴は、やはり、設計に関する専門家なので、個性的な家を建てることが可能です。また、特殊物件(狭小住宅等)でも設計することができるので、設計自由度の点でいえば、工務店に比べて高いと言えます。設計事務所は一般に敷居が高いというイメージですが、建築士としっかりコミュニケーションをとることができれば、予算内で話を進めていくことができると思います。また、設計だけでなく、見積もりのチェックやスケジュールの監理・施工管理もするので安心して任せることができます。

 

3つ目のハウスメーカーは、会社の規模が大きく、信頼できます。そして、住宅展示場があるので、全体をイメージすることができます。また、引っ越しや資金面等の世話もしてくれます。しかし、自社の住宅しか売ることができないので、自分の希望を提案することが難しいようです。設計自由度の点から言えば、最も低いと言えます。

 

どこを依頼先とするかは、慎重に決めることが必要です。それぞれにメリット・デメリットはありますので、自分の希望に最も近い依頼先を選ぶようにしましょう。